\\完全無料・目のストレスチェック//

新しい補聴器はまだ買うな!補聴器を探しても見つからない人に朗報

忘れ物の画像:目からウロコの耳寄り情報局 補聴器購入後に気をつけたいこと

あなたは自分の補聴器を置き忘れて「ハッと」した経験はありますか?

忘れ物の画像:目からウロコの耳寄り情報局

 

補聴器は装着中になくすことは滅多にありませんが、外した後どこに置いたか忘れてなくしてしまうことは結構あります。

それが自宅の中であれば探すのも比較的楽なものの、外出先となると大変です。

補聴器がない状態で出歩くのも危険ですし、最近では小さい補聴器も沢山あるためどこかに紛れてしまう可能性も高いでしょう。

新しい補聴器はまだ買うな!

 

止まれの画像:目からウロコの耳より情報局

しかしいざそういう状態になったとしても、いきなりまた新しい補聴器を購入するのは待ってください。

実は補聴器には、貸し出しサービスというものも存在するのです。

補聴器の貸し出しサービスを利用してみる

貸し出しに掛かる料金については、お願いするお店によって差があります。

無料で貸し出してくれるところもあれば1ヶ月でいくらという設定をしているところもありますので、まずは近くの専門店で問い合わせをしてみましょう。

このサービスを知っておけば、急な紛失時にも安心です。

あわせて読みたい画像:目からウロコの耳寄り情報局

補聴器選びにお悩みの方必見!いま、補聴器レンタルをおすすめする理由
あなたは補聴器選びに、どの位時間をかけていますか? 補聴器購入を難しくしてしまう理由とは 補聴器はなかなか高価なものです。 ・自分に合ったものを購入したい ・失敗したくない という強い気持ちから...

それから、補聴器にも保険制度が設けられている場合があります。

たとえば万が一なくしてしまったときに購入から1年以内なら無償で代替品を受け取れたり、割引きをしてもらった状態で新品を再購入できるシステムです。

こちらもお店次第で保証内容が変わりますので、最初の購入時によく確認しておくと転ばぬ先の杖となってくれます。

まとめ

もしも補聴器をなくしてしまい、その後探してもどうしても見つからない際には、貸し出しサービスの利用も検討してみてください。

そして新たに購入する際には、再びの紛失に備えて保険に入っておくといいでしょう。

補聴器取扱店一覧:目からウロコの耳寄り情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました