目からウロコの耳より情報局

加齢だけではありません。目と耳から快適生活を送ろう!

目とメガネのケア

メガネは供養出来るのか?住職さんに質問したその答えとは・・・

投稿日:


こんにちは、サイト管理人のKです。

 

 

あなたは、愛用していたり、使わなくなったメガネをどうしたら良いか?考えたことはないですか?
私自身も数年前、亡くなった家族が残した思い出の品の数々、とりわけ、メガネについてはいまでも仏壇に置いたままになっていて、どうしたものか?と悩んでいました。

 

人形の供養の画像:目からウロコの耳寄り情報局

 

例えば時計とか、貴金属なら、身につけるという選択もありだと思いますが、メガネはなかなかそうもいきません。

普通に不用品として処分することも出来るわけですが、、毎日身につけていたものですから、むやみに処分することが出来ず、ちょっと簡単には手放せない、というのが正直なところだったわけです。

そんな事もあり、先日、墓参りのついでにお世話になっている住職さんに質問してみました。

 

今回、ご協力を頂きました住職さんは、荒井正道(あらいしょうどう)さんという、埼玉県川口市にあります、光明院(こうみょういん)さんのご住職さんです。

 

結論から言うと、「お焚きあげ」というかたちで、お寺で供養する事は可能なんだそうです。

 

(動画は90秒で見られます)

 

実際に亡くなった方の遺族から、「一緒に(眼鏡を)お墓に入れてあげて欲しい」と頼まれた事もあるそうです(詳しくは動画を見て下さいね)

 

やっぱり他の人もこういう事、考えているんだなぁと、なんだかホッとしました(笑)

 

お問い合わせはこちらからどうぞ → http://koumyouin.net/toiawase.html

 

供養しなければ・・・とまで思ってしまう「メガネ」ですが、改めて考えてみると、毎日手放せない、生活必需品だったんだなぁと改めて感じるとともに、眼とメガネ、そして日々の見え方の大切さを改めて考えさせられました。

 

あわせて読みたい画像:目からウロコの耳寄り情報局

目神(めがみ)様はここに!?おすす目スポット3選

 

 

 

 

 

 

 

-目とメガネのケア
-,

Copyright© 目からウロコの耳より情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.