目からウロコの耳より情報局

加齢だけではありません。目と耳から快適生活を送ろう!

目の仕組み 目の疲れ対策

40代も半ばになると視力低下が気になりませんか?

投稿日:


50歳が近づいてくるにつれて少しずつ視力の変化を実感する方も少なくありません。

これって、年齢による老眼なの?

長年酷使してきた眼の視力低下なの?

と少しずつ眼に対する疑問が大きくなってくるのが40代後半・・・

それは、あなただけではありません。

多少訪れる時期は違うかもしれませんがみなさんが通る道でしょう。

ここでは、視力低下についてお伝えします。

40の標識:目がうろこの耳より情報局

視力低下の原因

年齢が若くても視力が低下することがあります。

これは眼を酷使することや遺伝子などが原因です。

ここでは老眼、つまり加齢に伴うピント調整力の低下が原因の視力低下について仕組みから見ててみましょう。

眼のしくみについて

眼のしくみは、カメラに例えられることが多いので想像しやすいかもしれません。

まぶたは、シャッターレンズキャップの役割もあります)として眼を保護するためにゴミや感想や光の調節をし、角膜とともに網膜の損傷を防ぐ役割を担っています。

網膜とは光を感知する写真フィルムに相当するものです。

カメラの写真フィルムは全てを調整したあとの最高傑作が集結しているので、網膜はとても大切といえます。

水晶体は厚みを変えて光を調節する絞りの役割を担っています。

老眼とは目がどのような状態なのか

眼のなかにある水晶体(絞り機能)レンズが弾力性を失って硬くなることから、近くのものにピントが合わなくなる症状が老眼の眼の状態です。

遠くは見えていても近くが見えないのはこのような状態だからなのです。

急な視力低下を感じたら

ランドルト環:目からうろこの耳寄り情報局

老眼のしくみがわかれば、病院にいくのも怖くなくなるかもしれません。

老眼を自覚するのは40代半ばの方が多いとのことですが、近くが見えづらくなるのは生活に支障をきたすので、40歳前後でも老眼の疑いを自覚しているのであればためらわずに近くの眼科や眼鏡店の専門家に相談することをおすすめします。

 

 

 

-目の仕組み, 目の疲れ対策
-, , , , , , , ,

Copyright© 目からウロコの耳より情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.