\\完全無料・目のストレスチェック//

A(えぇ)看板はありますか?〜茨城・栃木編〜

ローカル情報

店頭の看板をご紹介する「A(えぇ)看板はありますか?」シリーズ

みなさんも一度は見たことがあるはずのあの立て看板。

看板を横から見たときに「A」の文字に見えることから、「A看板」と呼ばれているんですね。

 

店舗スタッフが自ら書いている力作たちを、久しぶりにお届けしたいと思います。

 

※過去の記事はこちら。

https://me-mimi.net/「タイトルa(えぇ)看板はありますか?」〜埼玉/

https://me-mimi.net/a(えぇ)看板はありますか?〜栃木エリア編〜/

 

今回は、栃木・茨城の店舗のA看板を紹介します!

 

アイメガネ宇都宮錦店

まずは、店舗移転から1年が過ぎた宇都宮錦店のA看板です。

 

イラストも入って、とてもかわいらしい雰囲気ですよね!

手書きの文字からも、気軽に相談できそうな親しみやすさがにじみ出ています。

メガネ屋って、慣れない人にはどうも入りづらいようで…。

でも、このほっこりした看板を見たら、「入ってみようかな?」と思えそうです。

 

そうそう、宇都宮錦店にはカフェが併設されているんです!

開店当時に取材しましたが、メガネ屋でお茶が飲めるって不思議ですけど面白いですよね。

メガネ屋にカフェ!?意外に豪華でびっくりした話
こんにちは!サイト管理人のKです。 すっかり暑い日が続いています・・・ こんなに暑い日はエアコンの効いたカフェでコーヒーを飲むに限りますよね? さて、今回はローカル情報 「アイメガネ宇都宮錦店」が去...

 

アイメガネ宇都宮泉が丘店

お次は、同じ宇都宮市内にある宇都宮泉が丘店のA看板です。

 

こちらもかわいらしくてあたたかみのあるA看板ですね!

ai cafeも始まって、ますます親しまれる良い店舗になっていきそうです。

 

このA看板にも書かれていますが、宇都宮泉が丘店は、2017年秋に20周年を迎えました!

20年もの間、多くのお客様にご愛顧いただいたおかげです。

A看板に描かれたたくさんのハートに、スタッフからの感謝の想いがたっぷりと詰まっているようです。

みなさまにも届きましたでしょうか…?

 

アイメガネ今市センショープラザ店

こちらは今市センショープラザ店のA看板。

 

看板の後ろからちらりと覗いているグリーンになんだかホッとします。

黄色のスマイルマークもアクセントになっていて、つい見てしまうA看板です。

 

そして何より、「目」「ストレス」という赤い文字。

パッと目に飛び込んできて、とてもわかりやすいなあと感心してしまいましたが…

こちらのA看板は、調節機能解析装置「アコモレフ」を使った目のストレス測定会を行ったときのものですね!

 

※NHKでも紹介されたこの装置、詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

調節機能解析装置の埼玉の設置場所はココにある!
こんにちは、サイト管理人のKです。 調節機能解析装置が設置された店舗にお邪魔してみました 今回は、いま話題!目の調節力も計れる測定器「調節機能解析装置」をご紹介します。 この調節機能解析装置、以前からメディ...

 

アイメガネ真岡下高間木店

お次は、真岡下高間木店のA看板をご紹介します。

 

看板上部の絵がかわいい!とても凝っていますね。

看板に描かれたイラストにも秋の実りがいっぱい。「秋」の字もカラフルです。

秋らしさ全開の看板で、秋らしいクラシックなデザインのおすすめです。

 

そういえばクラシックな雰囲気のメガネ、ここ数年とてもよく見かけますよね。

秋に限らず1本持っておくと、一段とおしゃれが楽しめそうです。

お近くにお住まいの方、真岡下高間木店で探してみてはいかがでしょうか…?

 

アイメガネ古河イトーヨーカドー店

こちらは古河イトーヨーカドー店のA看板です。

 

クリスマスの頃のA看板ですね。さりげなくツリーの形になっています。

プレゼントや靴下などが飾られているのも、クリスマスのワクワク感を高めてくれますね!

ツリーの真ん中におすすめ商品がすっぽりはまりこんで、うまく目立っています。

 

プレゼント選びって、楽しいけど悩ましいですよね…。

何をあげたら喜んでもらえるのか…考え始めるときりがないもの。

でも、メガネを日常的にかけている方なら、メガネ関連の贈り物は役に立つはず!

プレゼントに困ったら、ぜひメガネ屋で相談してみてください。

(実は個人的に「ノーフォグ ウルトラEX」使っていますが…これ、とても良いです!)

 

 

A看板はコミュニケーション!

各店の個性あふれるA看板、いかがでしたでしょうか?

看板にはもちろん「宣伝」の意味もあるわけなのですが、それより何より、「お客様とのコミュニケーション」として、スタッフが心を込めて書いたメッセージばかりです。

少しでも親しみを感じていただけましたら幸いです!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました