目からウロコの耳より情報局

加齢だけではありません。目と耳から快適生活を送ろう!

メガネレンズ

UVカットレンズの3つのメリット

投稿日:


あなたは、紫外線が目に及ぼす影響をご存知でしょうか?

 

そしてそんな紫外線から目を守るUVカットメガネをしていますか?

 

 

 

目の角膜や水晶体などに紫外線を長い時間さらしておくと、高齢者になったときにさまざまな症状が出てきます。

 

紫外線は強い光を浴びたときに多く降り注いでいると思っている方も多いですが、実は曇りの日でも注がれています。

 

さらに紫外線対策をするときは、地面で跳ね返されて目に入る紫外線も考慮しないといけません。

 

ここでは、そんな有害な紫外線から目を守るUVカットレンズの3つのメリットを紹介していきます。

 

これを機にUVカットレンズのメガネにしてみてはいかがでしょうか?

 

白内障から守る

白内障とは目の中の水晶体のたんぱく質が濁ることで、見通しが悪くなってしまうことです。

 

主な原因は外的なものが多く、目に直接あたる熱や放射線、そして紫外線があげられます。

 

目の水晶体は主にたんぱく質でできており、タンパク質は卵と同じように、熱が加えられると白くにごってしまいます。

 

長い間紫外線などの強い光に当たることで、たんぱく質が白濁し白内障が起きてしてしまうのです。

 

メガネは長期で使うものなので、こういった紫外線をカットするUVカットレンズのメガネを使うことは、白内障のリスクを大きく下げます。

 

黄斑変性症を防ぐ

黄斑変性症とは、目に十分酸素が行き届かなくなると、血液をより流そうとして生まれる、毛細血管が原因で引き起こされる症状です。

 

これになってしまうと、視界が歪んで見えるようになったり、視界の一部が黒くぼけて見えてしまいます。

 

黄斑変性症の主な原因としては加齢があげられますが、そのほかの主な原因は光による刺激です。

 

紫外線やブルーライトなどの比較的強い光を長時間浴びてしまうと、この症状がおこりやすくなります。

 

UVカットレンズは黄斑変性症の原因でもある紫外線を防ぎます。

 

角膜炎を防ぐ

夏の季節や、冬でも雪の積もった晴れの日は、目も日焼けをしてしまいます。

 

強い光には紫外線を多く含んでおり、目の角膜(眼球を覆っている膜)を傷付けてしまいます。

 

それによって、炎症が起こってしまいます。

まとめ

ここでは紫外線から目を守るUVカットのメリットを大きく3つ紹介しましたが、他にもさまざまな利点が存在します。

 

UVカットレンズの他にも、目から紫外線を守る方法としては、「帽子をかぶる」だとか、「ビタミンをとる」という方法も存在します。

 

ぜひ皆さんも、UVカットレンズのメガネを身に着けて、紫外線から目を守るようにしてくださいね。

 

-メガネレンズ
-,

Copyright© 目からウロコの耳より情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.