目からウロコの耳より情報局

加齢だけではありません。目と耳から快適生活を送ろう!

管理人のつぶやき

新年のごあいさつ

投稿日:


姪っ子が書初めの宿題で四字熟語を書かなければいけないその横で、

ボクの頭の中をよぎるのは、

危機一髪・多種多様・支離滅裂など、

書初めにはどれもふさわしくないものばかりだったサイト管理人のKです

 

 

明けましておめでとうございます!

本年も目からウロコのの耳寄り情報局を、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

今回は暦がよくて長い冬休みを取った方も多かったと思います。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

 

ボクは読書三昧、そして、【やりたいことリスト】ならぬ、

【やりたくない(やめたい)ことリスト】を作ってみましたww

 

 

書いてみての感想としては、すっごく良かったです!

理由は、、、

 

 

お金や時間だけではなく、意志力(やる気)も有限だから、

トータルのキャパシティを超えてやりたいことをやろうとしても続かないからです。

 

 

https://me-mimi.net/smartphone_tomiagekinou/

 

 

まず、意味なくダラダラ見てしまいがちな動画を見ないとか、

一日に何度もメールのチェックをしない、

少し余裕を持たせないと、

やりたいことは出来ないし、続かないと思いませんか?

 

 

さて、本題に戻ります。

 

 

ボクが色々と新しいことを始めようと思ったかといいますと、、、

 

 

2020年は、干支でいえば、

庚子(かのえ・ね)という年になります。

 

 

「庚」は五行説でいつところの金に属し、

「子」は水、これは「金生水(きんようすい)」

という相生(そうせい)と呼ばれる関係になります。

 

 

 

相生とは互いを生かす関係のことで、

二本以上の木が同じ根から生え出ているような状態をいいます。

 

 

金は温かい空気を冷やして水を作り出し、

溢れた水の流れが土中に眠る金を洗い出し、

人の手元に運んでくるとされるものです。

 

 

そして、「庚子」が表す意味は、

新たな芽吹きと繁栄の始まりです。

つまりは、新しいことを始めると上手くいく、

大吉の年なのです。

 

 

特に、十二支の「子」は、

1番目にあたりスタートを意味します。

 

 

つまり2020年の干支「庚子」は、

新しく始めることが、

とてもうまくいくことを意味しているのです。

 

 

ぜひ、新しい事をしようと考えている人は

このタイミングで始めてみるのも

いいのではないでしょうか?

 

 

ということで、ボクも色々と考えまチュー。

ねずみ年の始まりに代えて。

 

 

記事監修 アイジャパン株式会社 ビジョン&ヒアリング・ケア事業部 木村 幸生

 

-管理人のつぶやき
-

Copyright© 目からウロコの耳より情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.