目からウロコの耳より情報局

加齢だけではありません。目と耳から快適生活を送ろう!

メガネの選び方

40代半ばで老眼は普通? 老眼鏡を作る時期とは?

投稿日:


手の老化_目からウロコの耳寄り情報局

老いはすべての人間に対して、平等に訪れます。

美人だから老いる事がない、IQが高い男性は若々しいまま生活出来る、こういった事は現実的にあり得ません。

アンチエイジング対策をすれば、年齢に負けない若々しい心身を維持出来ます。

しかしながら、目だけはなかなかアンチエイジングが難しく、30代後半から40代前半にかけて、急に視力が低下していきます。

特にサラリーマンとしてデスクワークに従事している方は、早くして老眼の症状が出やすいです。

老眼はいつから始まる?

近年のデスクワークでは、ほぼ確実にパソコンを使います。

それもまた最近では、事務処理からプレゼン資料作成、コミュニケーションや文書作成や企画書の管理や作成まで、全てパソコンソフトでしなければならず、サラリーマンの視力はただ仕事を続けるだけで次第に低下しています。

40歳前後で視力が急降下する事はとにかく認めたくない事です。

スマホ画像:目からウロコの耳寄り情報局

しかしパソコンのモニタや手元のスマートフォンが見えづらいと感じているなら、覚悟を決めて老眼鏡を作りましょう。

簡単な視力チェックなら、スマートフォンのアプリやインターネット検索でヒットするWEBページが可能ですので、明らかに若い頃に比べて視力が落ちていれば、近いうちにメガネ屋に行きましょう。

メガネ屋には、流行のデザインのおしゃれな老眼鏡が多数揃っています。

今では40歳前後で老眼鏡をかける人々が増加して来ており、シルエットがモダンにアレンジされたスタイリッシュなアイテムを多く取り揃えています。

一般的なメガネとフォルムが分からないアイテムも少なくありません。

老眼鏡をしている事は知られたくない!

またフレームが個性的な柄で構成されているもの、シルエットがアンティーク調で芸術家風になるおしゃれな老眼鏡などもあり、40代前後の男女がかけていても、他人からはまず見た目だけで、それが老眼鏡だと悟られる事はないはずです。

老眼と言えば、50代以降の方々に出る症状だと言われていますが、パソコンやスマートフォンやゲーム機などが広く浸透し、ほぼ毎日目を酷使する時代となった今、40代半ばで老眼になるのは普通ですし、めがね店に行けば見えづらい症状が治りますので、出来る限り早めに作っておき、仕事を捗らせる対策をしましょう。

-メガネの選び方
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 目からウロコの耳より情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.