目からウロコの耳より情報局

加齢だけではありません。目と耳から快適生活を送ろう!

管理人のつぶやき

日本でいちばん大切にしたい琉球補聴器さんに行ってみた話

投稿日:


今日のような台風が来ると、宮古島のスーパーでは、【レトルトカレー】が買い溜めされて無くなるらしい…

 

こんにちは、サイト管理人のKです。

 

昨日・今日とある会社の見学に行ってきました。

 

日本でいちばん大切にしたい会社とは?

その会社とは、琉球補聴器っていいます。

琉球補聴器さんは、医療機器や補聴器、聴能訓練機などの販売、修理を行う会社です。

 

 

琉球と言えば、そう!

 

沖縄ですよね。

 

この沖縄県にある琉球補聴器さんは、知る人ぞ知る、「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」に選ばれた会社なんですよ。

 

 

一番大切にしたい会社ってどういう意味?

 

 

正直、なんとも見当がつきません…

 

 

ホームページを拝見すると、ひと言で言うなら「人を幸せにする経営」っていう事のようです。

 

証拠写真を発見!

 

そして人を幸せにした結果が、沖縄県内で補聴器事業で約70%の圧倒的なシェアを誇っています。

 

 

そこで、われわれは、総勢40名スタッフの皆さんに2日間密着して参りました。

 

 一言で言うと「感動」

 

みなさん、本当にいきいきと仕事されていました。

 

 

まずは、代表者である森山社長さまの話。

 

 

「社員の夢を叶えるのが、琉球補聴器」

という会社指針があります。

 

森山社長さまの、使い込まれた経営理念の記されたカード

 

その証拠に、自分の夢を叶えたスタッフさんがたっくさんいらっしゃいます。

 

例えば…

・苦労かけたご両親に感謝の気持ちを表したくて、海外旅行に招待した
・(若い頃に)やんちゃして迷惑かけた親戚一同に集まってもらい食事会をしたい
・両親に車を贈りたい
などなど。

 

※ちなみに、スタッフの皆さんが自発的に考えた「夢の実現プラン」のほとんどが家族に関係したものなんだそうです。

辛いノルマに追われているのでは?

 

さぞかし、毎月ノルマを与えられ、馬車馬のように働かされているのではとサイト管理人Kはついつい考えてしまい、思い切って巡回(訪問)スタッフさんに直接聞いてみましたが、ノルマについてあっさり否定。

補聴器を売るのではなく、「聞こえる幸せ」を届ける

 

社長が徹底して教えていることは、お客様に「聞こえる幸せ」を届けること。

この一点なんだそうです。

 

幸せを届ければ本当に70%のシェアがとれるのか?

 

執念深いボクは、さらに森山社長に質問をぶつけます。

その間、気がつくと休憩なし、4時間の質問攻め。

ここでやっと圧倒的なシェアを誇る理由が明らかになりました。

スタッフが毎日20件を目標にバイクで巡回

 

このバイクで20件を目標に巡回するそうです

 

驚いたのがその訪問件数。

このバイクで20件を目標に巡回するそうです。

 

中には毎日、40件巡回するツワモノも…

1日40件って…何だか気が遠くなりますが、バイクを見せてくださったNさんは40件の巡回を繰り返した結果、トップセールスに。

「生まれ変わった気分になった」

 

Nさんに「聞こえる幸せ」を届けた実感が湧いた瞬間についてお聞きすると、こんな答えがかえってきました。

・補聴器ご購入後、親子の会話の回数が明らかに増えたと感じた
・出かけるのが楽しみになったと言われた
・世界旅行に行きたくなったと聞いた

なかには、「生まれ変わった気分です」なんて話して下さるお客様もいるそうです。

う〜ん、こんな喜びを味わえる仕事ってなかなかないですよね。

 

いまでは部下の成長に関わるのが何よりの喜びと語ってくれたNさん

2日目はすごい朝礼が待っていた

テレビカメラを使って、宮古島や石垣島などの離島の店舗スタッフともバッチリとコミュニケーションを取ることが出来ていました。

 

スタッフの皆さんが、昨日あったこと、気づいた事を実に手短に披露してくれます。

 

 

こうやってスタッフ一丸となっていると、「みんな頑張っているから、私も頑張る!」すぐにそんな気持ちになって、いつまでも悩んでいられないでしょうねww

いやはや、琉球補聴器さんはホントにスゴかった。

日本でいちばん大切にしたいっ!

 

 

賢さんっ!

琉球補聴器のみなさんっ!

2日間お世話になりました。

 

 

-管理人のつぶやき
-

Copyright© 目からウロコの耳より情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.