目からウロコの耳より情報局

加齢だけではありません。目と耳から快適生活を送ろう!

目とメガネのケア

年末、メガネも大掃除!メガネの洗浄方法と絶対守るべき注意点

投稿日:


11月も終わり。今年もあと1ヵ月になりました。

年末といえば大掃除の季節ですよね。住まいの大掃除も少しずつ進めたいところですが……

毎日使うメガネも、この機会に大掃除をおすすめします!

メガネのお掃除、普段からしていますか?毎日お顔に接するものなのに、レンズをたまに拭くぐらいで、掃除らしい掃除はしていない方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、ご自宅で簡単にできるメガネの洗浄方法や、メガネをお掃除する上での注意点についてお伝えいたします。

今年も1年、あなたの目を支えてくれたメガネ。汚れをきれいに落として、気持ちよく新年を迎えませんか?

メガネの洗浄方法

メガネケース:目からウロコの耳より情報局

メガネをご自宅できれいにするための最も簡単な方法が「中性洗剤を使って水洗い」です。洗浄方法を詳しく紹介します。

①水でメガネを洗います。

メガネは繊細にできていますので、力を入れず、なでるようにやさしく流してください。

②台所用の中性洗剤を水で薄めて手で洗います。

皮脂やファンデーションなどで汚れがちな鼻パッドなど、フレーム部分もお忘れなく。

③水で洗い流します。

洗剤が残らないように、十分に洗い流しましょう。

④ティッシュでメガネに付いた水滴を吸い取ります。

こすらず押さえるようにするときれいに水滴を吸い取れます。

⑤最後にやわらかい布で拭きます。

水分が残るとサビの原因にもなりますので、レンズにもフレームにも水分が残らないようにします。

これで完了です。どこのご家庭にもある中性洗剤で、メガネはきれいになるんですね!

メガネのお掃除、この2つは必ず守ろう!

メガネをご自宅で洗うときは、以下の2点に注意してください。洗浄方法を間違えると、メガネを傷めてしまうおそれがあるからです。

1.お湯ではなく水で洗うこと

メガネを洗う場合は、必ず水で洗います。お湯を使ってはいけません。

メガネは急激な温度変化に弱いのです。メガネのレンズにはコーティングが施されているのですが、このコーティング、お湯をかけたりして温度が急激に変化すると、劣化していってしまいます。

熱湯はもちろんですが、手で触れる程度のお湯や湯気なども、メガネに少しずつダメージを与えていくものです。寒い冬、お湯を使いたくなる気持ちもわかりますが、メガネは水で洗うようにしましょう。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。メガネって想像以上にデリケートなんですね。

メガネフレームはお湯に近づけるな!

2.中性洗剤を使うこと

メガネは必ず中性洗剤で洗いましょう。アルカリ性や酸性の洗剤を使ってはいけません。

アルカリ性や酸性の洗剤を使うと、レンズのコーティングを剥がしてしまうおそれがあるのです。

普通のせっけんはアルカリ性ですし、ハンドソープやボディソープなどは「肌にやさしい弱酸性」をうたった製品もありますよね。どちらもNGです。シンプルな台所用洗剤がおすすめです。でも必ず薄めてくださいね。

また、メガネ用の洗剤も販売されています。専用洗剤であればメガネを傷めることもありませんので、なお安心ですね。

例えば、こちらの「メガネのシャンプー」。しつこい汚れもスッキリ洗浄してくれるメガネ専用洗剤です。

ほとんどの店舗で取り扱っています。気になる方は店頭でチェックしてみてください。

こんなときはプロの手が必要です

メガネの洗浄はご自宅でも可能ですが、こんな状態になってしまったら、プロの手が必要です。メガネ店にお持ちいただければ、修理・交換が可能ですのでご相談ください。

鼻パッドの汚れが落ちない・黄ばんでいる

メガネの鼻パッドは、鼻に直接当たって皮脂がついたり、女性ならファンデーションがついてしまったりして、とても汚れやすい場所です。

既にお伝えしたように水洗いをしたり、綿棒を使って掃除をすることもできますが、長年の汚れが蓄積されたり、経年劣化していくことで、黄ばみが残ってしまうことがあります。

鼻パッドは消耗品です汚れがひどい場合や、長年使用しているメガネがある場合は、店舗にお持ちください。状態を確認して、必要に応じて洗浄や交換をいたします。

鼻パッドについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

https://me-mimi.net/%E2%97%8F%E2%97%8F%E3%81%A7%E6%93%A6%E3%82%8B%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%81%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AE%E9%BC%BB%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%89%E6%B1%9A%E3%82%8C%E3%82%92%E8%A7%A3%E6%B6%88%E3%81%99/

フレームの広がり・歪み

使っているうちにフレームが広がったり歪んだりして、かけ心地が悪くなってしまうことがあります。あなたのメガネ、ちゃんとフィットしていますか?

ねじを締め直してみたり、自分でフレームに力を加えて直そうとしてみたりする人もいますが、ご自身で調整を試みるのはとても危険なこと。ねじを締めただけではフレームの歪みは取れませんし、下手に力を加えると、フレームがかえって歪むばかりか、折ってしまうおそれもあります。

フレームの広がりや歪みに気づいたら、メガネ店にお持ちください。プロの手であなたのお顔に合うようにしっかり調整いたします。

フレームを自己流で調整する危険性は、こちらの記事にも書きました。

https://me-mimi.net/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%8D%E3%82%92%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%A7%E8%AA%BF%E6%95%B4%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8C%E5%8D%B1%E9%99%BA%E3%81%AA%E7%90%86%E7%94%B1%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%AF%BE/

年に一度の大掃除はメガネ店で!

メガネはご自宅で洗っても十分きれいになります。メガネはほこりや皮脂などで、いつの間にか汚れてしまうもの。直接お顔に触れるものですから、年1回と言わず、定期的に水洗いして清潔にしておきたいですね。

そして、年に一度の大掃除は、ぜひメガネ店をご活用ください。店舗にお持ちいただければ、鼻パッドの交換や、かけ心地の確認、歪みの修理なども可能です。掃除のついでに視力検査を受けるのも、目の健康のためにおすすめです。

年末に近づけば近づくほど慌ただしくなる12月。ぜひ今のうちに、最寄り店舗でご相談ください。

【記事監修】アイジャパン株式会社 ビジョン&ヒアリングケア事業部  木村幸生

-目とメガネのケア
-

Copyright© 目からウロコの耳より情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.